ピアノレッスンQ&A

2011年6月12日 (日)

Q、4 レッスン中、保護者の付き添いは必要ですか?

A、2年生くらいまではぜひ保護者様も一緒にご見学ください。

幼児ソルフェージュはピアノ・声楽レッスンに入る前の導入レッスンです。

歌ったりカードを使ったりして楽しく学びながら、読譜力・音感・リズム感を身につけることができます。実際にピアノを弾く時間は短いかもしれませんが、二段階導入法といってソルフェージュを充実させておくことで、ピアノレッスン(声楽レッスン)に入ったときの理解力が増します。

たとえば、教本に入ったときにやってくるであろう譜読みの壁、両手の壁を苦労することなく乗り越えることが大いに期待できる、こういう理由であえてピアノを弾く時間よりもそれ以外の導入の時間を多くしています。

同時に幼児のうちにレッスン時のマナー(ごあいさつ、先生の話を聞くなど)を身につけていただくことで、お子様がより一層たくさんのことを学び、吸収し、安心してレッスンを続けていくことが出来ます。

レッスンをご見学の際は、ぜひお子様の成長を楽しみに温かくお見守りいただきたいと思います。かばんにノートをしまう、ふでばこからえんぴつを出す、これらのことから子供たちにとってはレッスンの1部なんです!


ピアノレッスンに進みますとピアノ教本を使ったレッスンとなります。
2年生くらいまでの間は自分で練習環境を整えるのは難しいので、保護者様にもレッスンを見ていただき、お家での練習をレッスン内容に添ってサポートしていただいています。

2011年4月23日 (土)

Q、3 何歳からピアノを始めたらいいの?

A、私の教室では、数字が読み書きできて先生とコミュニケーションが取れるようになればレッスンを始めてもらっています。
個人差がありますので、体験レッスンの時に親子面談をさせてもらい、レッスンのスタート時期について考えることにしています。
早くて3、4歳くらいです。


最近は乳幼児向けの教室も増えてきましたが、“音楽教育”というよりは“親と子の楽しいサークル”と受け止め、1、2歳の間は音楽を習わせるということよりも、普段の生活の中に音楽を取り入れて、親子共に心が満たされるような環境作りを考えてみてはいかがでしょうか。


では反対に始めるのが7歳だった場合、遅いスタートになるでしょうか。
遅いと言うのは何に対してそう思うのでしょうか。

例えば
「ピアニストになるのに、7歳からのスタートでは遅いですか?」
という質問ならば遅いと言うことになるのかもしれません。

しかしながら、皆様もご存知の通り、早く始めたからと言ってピアニストになれるわけでもありません。
もっと遅くに初めてプロで活躍する人もいますから、専門家になれるかどうかは本人のやる気と資質にかかっています。
正直言って、始めてみないことには分かりません。



そういう例は別として、ピアノを楽しむこと、上達することに年齢制限はありません。
ピアノを弾きたい、習いたいと思ったときが始め時です。

趣味や生きがいとしてのピアノであれば、大人からでもいつでもスタートできます。

素晴らしい音楽との出会いのために、いつでもピアノは待ってくれていますよwink

2011年4月17日 (日)

Q、2 お家に楽器は必要ですか?

A、必要です。

Q、1でもお答えしたようにピアノは日々の練習の積み重ねが大切です。

毎日のことですからどんな楽器で練習するかは上達具合にとても影響を及ぼします。

グランドピアノとアップライトピアノでは若干タッチが違いますが、お家での練習用としてはアップライトで十分です。

クラビノーバでも良いですが、生の楽器と違い 電気で音がなるため、タッチや音色に関してはどうしても差がでてきてしまいます。
 

キーボードの場合、鍵盤が少なく強弱がつかないので、音符の範囲が広がった時に
鍵盤が足りなくなったり、指の骨格が弱くなり、しっかりとした音が出しづらくなります。

小さいうちはとりあえず音を覚えるという意味でキーボードなどでも良いですが、様子を見て、アップライトピアノ、または電子ピアノ(できるだけピアノのタッチに近いもの)を準備してあげてください。

2011年4月16日 (土)

Q、1 どうしてお家で練習しなくてはいけないの?

A、ピアノレスナーにとって憧れの曲といえば“エリーゼのために”でしょうか。

たとえばこの曲を目標にするとして、その過程で3冊のテクニック教本をマスターする必要がある場合を考えてみましょう。

お家に練習できる楽器がない場合、ピアノに向かう時間はレッスン時の週1回30分のみです。
(実際にはそこにアドバイスする時間が入りますね)

しかし、お家で練習できる環境が整っている場合、1日30分練習できたとして

1週間で3時間30分弾くことになり、それを1ヶ月に置きかえてみると13時間

もの違いになります!何倍ものペースで上達することが出来ますね。

レッスンでアドバイスをもらい、お家で練習することで、自分の物として身につけることが出来ます。

ブログ村バナー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ