« 10月4週目が始まりました | トップページ | 10月最後の週は »

2013年10月23日 (水)

指番号

楽譜に書かれている指番号。
見えていないわけではないけれど、なんとなくしか見ていない。。

その時の感覚で弾いてしまって、、注意されなければまあいいか~
こういう場面、実はレッスン中によくあります。

場合によってはその通り弾かなくても弾きやすい指使いがある場合もありますが、十分に自分の指の動きを観察し、じっくりて考え納得できる指番号でない限りは、楽譜に書かれた指番号を参考にするようにしましょう。

特に早いパッセージの部分などは、これを見逃したままにしておくのと、その部分を取り上げて練習しておくのとで完成度に違いが出てきます。

たとえば、ショパンノクターンOp.9-2のこの部分↓

Picture102313_213751

この1部分だけを取り上げて、さらに8分音符単位に区切ります。
最初は8分音符1-5-4でひとまとまり、
次の32分音符5-4-3-5でひとまとまり、
次の32分音符4-3-1-2でひとまとまり、
最後の32分5連符1-2-5-4-3でひとまとまり、という具合に区切りながら、なめらかになるまで、手のフォームもよく観察しながら繰り返し弾きます。

次に32分音符の5-4-3-5-4-3-1-2までをひとまとまりになるようにつなげて、同じくなめらかになるまで、繰り返し弾きます。

次に、フレーズの切れ目、アクセントのついているド♭からのフレーズ2-1-2-5-4-3をひとまとまりになるように、同じく。
最後に大きな一フレーズのなるように、つなげて弾きましょう。





導入期のレッスンでは、右手ド・レ・ミ・ファ・ソ、左手ド・シ・ラ・ソ・ファ(ミドルCポジション)を覚える段階で、指番号もしっかり身につくようにレッスンしています。

音名読み→指番号書き込み→指番号を読みながら机の上で指を動かす→音名を読みながら指を動かす→ピアノで弾く

これを繰り返し徹底させることで、早い段階で音符と指番号を同時に見る力を身につけましょう。


« 10月4週目が始まりました | トップページ | 10月最後の週は »

アドバイスレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1463165/53700272

この記事へのトラックバック一覧です: 指番号:

« 10月4週目が始まりました | トップページ | 10月最後の週は »

ブログ村バナー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ