« お盆休み明けレッスンスタート | トップページ | かみなりすごい »

2013年8月22日 (木)

ピアノを弾くまでにすること

今週も厳しい暑さが続いていますsun
明日からの雨で少し落ち着くでしょうか。。





ピアノレッスンといっても、来たらすぐにピアノを弾くわけではありません。
万全の態勢でレッスンに入れるように色々と準備をします。

まずはレッスンカードに出席のハンコを押す。
かばんから教本や筆箱などを取りだし、ごあいさつ。

机に座り、ワークの宿題があった場合は、まずそのページを開いて先生に確認の○付けをしてもらいます。続いて2~3ページ程度進めますが、出来そうな所はお家での宿題になります。
今月は聴音月間なので、この後にノートを開いて書きとりが5分程度。
その後、ピアノの前へ移動~レッスンへ。

まだ導入の生徒さんは、音を鳴らす前に、音の名前を読む、指番号の順番に机の上orスポンジの上で指をうごかす練習、必要ならばボールトレーニング、リズム打ちをします。
ここまでやって、ようやくピアノでひいてみよう~となります。
その時々で、生徒さんの学年や進み具合によっていろいろありますが、実際に音を鳴らすまでに、いかに準備をできるか、が大切!

弾いてから何度も弾きなおすのではなく、しっかり準備をして1回目で出来るようにする。
楽譜への書き込みも、この机練習の時にバッチリしておきましょう。




昨日のSちゃんのレッスンにて。
いとまきの楽譜への書き込みheart04

Picture082113_190025
自分で気づいて書けるところは自分でpencil
なんと強弱まで考えてリズム打ちしてくれました(・∀・)イイ!

この場合は、Sちゃんが考えて先生が書きこみましたが(自分で気づいた所は自分で書きこんでました!エライ!)、反対に高学年の生徒さんの場合、レッスンで注意されたポイントを最後に思い出して、じぶんで書き込みをしてもらうようにしています。
先生に書いてもらうばかりよりも、自分で書くと忘れないから、お家で練習する時にと~~~っても役立つと思いますwink


今週も折り返しrecycle
暑さに負けず元気に行きましょう~happy01








読んでいただきありがとうございます♪
応援クリック頂けると更新の励みになります→サイドバナーより

« お盆休み明けレッスンスタート | トップページ | かみなりすごい »

レッスンでのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1463165/52985008

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノを弾くまでにすること:

« お盆休み明けレッスンスタート | トップページ | かみなりすごい »

ブログ村バナー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ