« 楽典月間そしてスケールも | トップページ | ヴァレンタインの贈り物とケーキ »

2012年2月11日 (土)

声の魅力~ヴォイトレ編~

時々、ヴォイストレーニングをしてくださいとお声が掛かることがあります。
小浜にはポップス系のヴォイストレーナーがいないんじゃないかな?

発声中心で、と短期間でお引き受けはするものの、実は声楽を専門にしているものとしては、歌曲やアリアを教えるよりも荷が重かったりする。。
だって他のジャンルの曲、知らない・・・((ノ)゚ω(ヾ))





私がレッスンすることと言えば、
自分の声の魅力を知ってもらうこと。

声は声帯が振動して発せられるのだけど、その声帯をどう振動させるかは、喉の周りの筋肉、一定に長く息を送るための腹式呼吸をするための筋肉をどう鍛えるかにかかっています。

だから、少なくとも始めの3か月は発声中心。
この間は同じようなことをひたすら繰り返しのジミ~な内容ですよ。

その先も、ふるさとなどの短めの曲をテキストに使うくらいだから根気がいります。
華やかなステージの裏にあるものは、地味な作業です(笑)

無理のない発声が分かってきたら、そこからは自分の声をどう使って曲を歌うかは自分次第。
曲を使ってレッスンすることもできるけど、あくまでも発声を考えた内容(要するに地味な作業)になるからね。



今の私がお引き受けできるのは、大体この範囲です。
本番を控えている時とか、声の調整をしたい時にはまたお助けできると思います。

発表する場に参加することで上手になっていくし、プロアマ問わず聞いてくれる人、応援してくれる人がいるからこそ頑張れるってものです。
地域の音楽文化も発展するしね









きっかけはなんであれ、一人でも多くの人が、自分の声の魅力に目覚めてくれたら嬉しいなぁ。














本気でプロ目指すなら、早めに上京とかしてね?
その前に!?ポチっとお願いします(笑)→サイドバナーより


« 楽典月間そしてスケールも | トップページ | ヴァレンタインの贈り物とケーキ »

ヴォイストレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 声の魅力~ヴォイトレ編~:

« 楽典月間そしてスケールも | トップページ | ヴァレンタインの贈り物とケーキ »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログ村バナー

無料ブログはココログ